スマホ 通信制限に悩んで、いろいろと解決法や対策を調べていると、「ポケットWiFiがおすすめ」「WiMAXがおすすめ!」「モバイルWiFiルーターがおすすめ」といったモバイルポケットwifiの記事がたくさん出てくると思います。

でも初心者にとっては知らないことが多くてどれを選べば良いのかわかりにくいですよね。

そこで、この記事ではポケットwifiを選ぶ上でポイントになる情報をできるだけわかりやすくご紹介したいと思います。

実をいうと『ポケットwifi』はワイモバイルの商品名で、たくさんある『モバイルWi-Fiルーター』の中にある一つが『ポケットwifi』なんですが、記事の中ではわかりやすく『ポケットwifi』と呼びますね。

 

迷ったらコレ!おすすめポケットwifiは?

まずは手っ取り早くポケットwifiを決めてしまいたい人のために、おすすめのポケットwifiをご紹介します。

おすすめは『Broad WiMAX』です。

Broad WiMAXのポケットwifiがおすすめな理由は

  • ギガ放題プランなら月間制限無し(3日間制限有り)
  • UQ WiMAX+au LTEで電波が良い
  • 月額料金が安い
  • 最新機種で通信速度が速い
  • 端末が0円(2018年6月現在)
  • 店舗受取りなら即日利用開始も可能

ポケットwifiを使うならBroad WiMAXで間違いありません。

ガチャムク

3日間制限とは?

Broad WiMAXのギガ放題プランには毎月の使用制限はないのですが、完全に使いたい放題というわけではありません。3日間制限というものがあって、3日間のデータ使用量が合計で10GBを超えてしまうと、通信速度制限がかかってしまいます。

しかし、スマホと違って通信速度制限になったとしてもBroad WiMAXのポケットwifiの場合は一晩だけ(18時頃から2時頃 )我慢すれば再び高速通信が可能です。(2018年6月現在)

 

端末(W05)には通信量カウンターもついているので、管理もしやすいです。

 

実は10GBもあれば余裕

普通にスマホやタブレットを使っている人で3日間で10GB使うことはめったにないでしょう。気にするレベルではありません。

唯一、気をつけてもらいたいのは動画をダウンロードせずに見る『ストリーミング再生』です。

YouTubeを例にあげると下図のようになり、高画質(720p)で視聴したとしても1日あたり4時間ぐらいはYoutubeを視聴することができます。

 

映画などはどうでしょうか?Amazon Primeビデオを例にあげると、最高画質で2時間の映画を観ると約11.6GBと10GBを超えてしまうので通信速度制限にかかってしまいます。『Wi-Fi接続使用時には最高画質にする』のスイッチはオフにしておきましょう。

 

でも、ダウンロードして再生すれば最高画質でも約1.8GBです。これなら毎日1本映画を見ても10GBは超えませんよね。

 

Broad WiMAXはWiMAX+au LTEで電波が良い

ここからはちょっと詳しい話をしていきましょう。

ポケットwifiには回線の種類がある

実はポケットwifiでもスマホが携帯電話会社(キャリア)によって回線の品質が違うように、回線の種類や代理店にによって回線の品質が違います。

現在ポケットwifiで使われている回線の種類は3つあります。

  1. UQコミュニケーションズの『WiMAX』
  2. auやsoftbankの『LTE』(スマホと同じ)
  3. ワイモバイルの『AXGP』

その中でも主力は『WiMAX』と『LTE』で、WiMAXとLTEにはそれぞれ下図のような特徴があります。

 

そして、ポケットwifiにはプロバイダ(代理会社)というものがあって、WiMAX回線を使ったサービスを提供するのはUQコミュニケーションズのグループ会社であるUQ WiMAXだけではなくSo-netやBIGLOBEといった様々な会社がWiMAX回線を使ったサービスを提供しています。そのプロバイダの中の1つがBroad WiMAXなのです。

 

オプションのLTE回線(ハイスピードプラスエリア)が無料で使える

このプロバイダによって料金やサービス内容が違うのですが、Broad WiMAXがおすすめな理由の中で大きいのは、月額料金が安いのに通常はオプション料金がかかるauのLTE回線(ハイスピードプラスエリア)が無料で使えることです。

WiMAXの弱点である室内と地下など電波の入りにくいところではLTEに切り替えることでカバーできるのです。

(LTEでの通信は毎月7GBの制限があります)

ガチャムク

 

月額料金が安い・キャッシュバックよりも安心

Broad WiMAXのギガ放題プランは実質月々3,354円(3ヶ月までは2,726円、3ヶ月以降は3,411円)

UQ WIMAXの同等プランUQ Flatツープラス ギガ放題は実質月々4,323円(3ヶ月までは3,696円、3ヶ月以降は4,380円)ですから、月々1000円ほど安いです。

 

高額キャッシュバックは注意が必要

BIGLOBEやGMOとくとくBBといった高額なキャッシュバックをしているポケットwifiのプロバイダもありますが、実はすぐにキャッシュバックを受け取れるわけではありません。1年近く経ってからメールを受信して、期限中に手順をふまないとキャッシュバックを受け取ることができません。ここでうっかりして期限内に手続きをしなかったり、メールが迷惑メールフォルダに入って見落としたりしてしまうとキャッシュバックを受け取れません。実際キャッシュバックの受け取りをミスする人も少なくないようです。

例としてGIGLOBE WiMAXのキャッシュバックを確認してみると、
2ヶ月までは3,695円、2ヶ月以降は4,380円=(156,310円 – 30,000円キャッシュバック)÷36か月=実質月々3,508円
キャッシュバックを受け取り損ねると=実質月々4,342円

Broad WiMAXにキャッシュバックはありませんが、月々の実質料金は高額キャッシュバックと同レベルになっています。わずらわしい手続きは必要ありませんから安心ですよね。

 

ガチャムク

最新機種W05は通信速度が速い

ポケットwifiで使われる機種はスマホのようにたくさんあるわけではありません。プロバイダによって2~3種類がほとんどです。そんな少ない機種の中で2018年に新発売されたのがW05という機種です。このW05、一番の特徴は最大通信速度です。それまでポケットwifiの機種の最大通信速度は約400Mbps(下り)でしたがW05の最大通信速度は708Mbps(下り)です。この数値は圧倒的に速く、読み込みにストレスを感じることはまずないでしょう。

見た目が細長いので大きく見えますが、iPhone SEと同じぐらいの大きさでコンパクトです。

 

オプションの『クレードル』とは?

W05の場合3,500円(税抜き)オプション料金を支払えば『クレードル』という充電台のような物が購入できます。このクレードルというものは充電台としてももちろん使えるのですが、WiFiがついていないデスクトップパソコンなどにLANケーブルで接続することができます。

インターネット環境をポケットwifiだけにしてしまいたい人にはおすすめですが、
充電台が欲しいと思うだけ人はamazonなどで汎用品が1,000円前後で手に入りますので、こちらをおすすめします。

 

最新端末 W05 でも端末費用0円

Broad WiMAXでは今、Webフォームからの申し込み限定でポケットwifiの端末購入などにかかる費用が無料になるキャンペーンを実施しています。最新機種のW05でも無料で使うことができますのでこの機会を見逃さないようにしましょう。(端末費用の他に事務手数料3,000円が初期費用として必要です。)
※W05は今とても人気の端末なので受け取りまで時間のかかることがあります。

 

ガチャムク

 

店舗受取りで即日利用開始も可能

Broad WiMAXでポケットwifiをネットから申し込むと通常は即日発送してもらえるので、申し込んだ翌日から使い始めることができます。しかし、どうしても今日から使いたい時や留守がちで宅急便が受け取れない。ということもありますよね?

その点Broad WiMAXは4店舗(渋谷・秋葉原・大宮・梅田(中津))だけにはなりますが、ネット申し込み後店舗へポケットwifi端末を取りに行き、その日から使い始めることが可能です。

 

店舗受取訴求

 

まとめ

もう一度、Broad WiMAXのポケットwifiがおすすめな理由をまとめると

  • ギガ放題プランなら月間制限無し(3日間制限有り)
  • UQ WiMAX+au LTEで電波が良い
  • 月額料金が安い
  • 最新機種で通信速度が速い
  • 端末が0円(2018年6月現在)
  • 店舗受取りなら即日利用開始も可能

ポケットwifiで電波も料金も間違いがないのはBroad WiMAXです。ぜひ使ってみてください!それでは良いポケットwifiライフを!